テレビが地上デジタル放送にかわって感じること

テレビは生活に欠かせない存在です。

テレビが地上デジタル放送にかわって感じること 昔から、家の中が静かなのはあまり好きではなく、学校や仕事から帰ってくるとすぐに音楽をかけたり、テレビをつけたりしていました。それは今でも変わらず、部屋の中がすごく静かだとなぜか落ち着かないので、すぐにテレビなどをつけて、見るのはもちろんですが、音だけでも聞いていたい気持ちになるのです。そんなわけで、誰も見ていなくてもテレビがついている状況が頻繁にあるので、よく家族に怒られてしまいます。

それでもテレビの音は生活に欠かせません。音だけ聞いているつもりでも、今話題になっているニュースが自然と耳に入ってきているので、世間の話題に強くなったり、世界情勢には詳しくなったりして、意外にも役に立っている気がします。明日の天気なども見逃すことがないので、洗濯の機会を逃したり、雨の中買い物に行かなければならないような状態にもならず、テレビの音は、私の生活に非常に役に立っています。これからの私の人生にも、テレビは欠かせない存在です。

おすすめリンク

Copyright (C)2022テレビが地上デジタル放送にかわって感じること.All rights reserved.